外壁塗装・屋根カバー工法
お役立ち掲示板

雨漏りは部分補修では不十分!浸透した水分で屋根の下地が腐る前にカバー工法で屋根全体の補修を

屋根修理と外壁塗装をまとめて1坪5万円で施工します。協栄建装は見積もり不要・明朗会計の戸建て住宅メンテナンス会社です。

雨漏りが発生したお客様から部分補修についてご相談いただくことがあります。確かに、全体を補修するカバー工法などの屋根修理より、部分補修のほうが低予算で施工できます。費用を安く済ませたいというお客様の心情はよく分かります。

ただ、長期的に考えると、部分補修で済ませたために逆に屋根修理の総額は高くなることがあります。屋根の一部だけが劣化するケースは少なく、トラブル再発や深刻化の恐れがあるのです。

台風の雨漏りはなぜ続発?浸透した水分に要注意!

屋根の劣化は部分補修で対処仕切れない、と協栄建装が実感するのは台風シーズンです。

台風で屋根が飛び雨漏り発生
台風で屋根が飛んでしまい雨漏りが発生

台風シーズンになると、雨漏りでお困りのお客様から屋根修理のご相談を受ける機会が増えます。お客様に詳しい状況をお尋ねすると、以前の台風で発生した雨漏りに部分補修で対処したという経緯が分かることがあります。雨漏りに部分補修で対処したお客様の屋根を協栄建装が現地調査すると、そもそも屋根全体の劣化が進んでいると判明することがほとんどです。

実は、雨漏りが一部で発生すると、その箇所から水分が屋根内部に浸透してしまい屋根全体で劣化が著しく進行します。そのため、雨漏りに部分補修で対処すると、台風などの災害時にトラブルが再発しやすくなります。

さらに、浸透した水分で劣化した屋根をそのままにすると、徐々に下地が腐っていく可能性があります。下地が腐ってしまうと、低コストで屋根全体を補修できるカバー工法は施工できません。カバー工法よりも50万円程度も高額な屋根の葺き替えが必要です。

カバー工法で雨漏りの起きた屋根を修理
下地が腐る前ならカバー工法で屋根全体を補修可能

雨漏りによる屋根の劣化は部分的には進行せず、屋根全体に広がるのです。屋根のトラブル再発の予防と、深刻な屋根のトラブル予防といった2つの視点から、協栄建装は雨漏りにお困りのお客様にはお早めのカバー工法をオススメしています。

物理的破損は部分補修OKの可能性あり!現地調査で診断を

ただ、全ての屋根のトラブルが屋根全体の補修を必要とするわけではありません。物理的な屋根の破損なら、屋根の部分補修で解決できる可能性があります。例えば台風被害なら、看板や瓦といった飛散物で屋根が破損した場合です。

協栄建装に現地調査をご依頼いただければ、ドローンや高所作業カメラなどを使って屋根の現状をお客様と共有したうえで、本当に必要な屋根修理をご提案いたします。

屋根の状態を高所作業カメラでお客様と一緒に確認
お客様と屋根の現状を共有(高所カメラの場合)

『ツボ5』は1坪5万円でカバー工法を施工!外壁塗装込みのメンテナンスで災害に強い住宅を

今回は、雨漏りで劣化した屋根は全体の補修が必要なことをご説明しました。トラブルの再発や深刻化を防ぐためにカバー工法をご検討される場合は、協栄建装の1坪5万円のパッケージプラン『ツボ5』がオススメです。

ツボ5では、ガルバリウム鋼板によるカバー工法(25年〜30年保証付き)のほか、災害時に劣化が進みやすい外壁塗装も施工いたします。外壁塗装には、台風被害を受けやすい破風などの付帯塗装も含まれています。

ツボ5は屋根修理と外壁塗装をセットで施工

1坪5万円の住宅メンテナンス「ツボ5」の詳細はコチラ

マイナスの状態を0に戻すだけでなく、災害に強い住宅を実現できるツボ5。協栄建装が屋根や外壁のトラブルを根本から予防いたします。お気軽にお問い合わせください。