外壁塗装・屋根カバー工法
お役立ち掲示板

【施工事例】外壁塗装+屋根葺き替え「半年後も一切雨漏りしていません!」

協栄建装では外壁・屋根リフォームの費用を見える化する「ツボ5」というサービスを行っています。

今回は「ツボ5」で外壁塗装+屋根葺き替えをご依頼いただいたお客様をご紹介します。

1、屋根の状況

ひどい雨漏りにお困りでお問い合わせいただき、点検に伺いました。

築40年のセメント瓦屋根で、一度もメンテナンスしていない状況でした。(その状態で今まで持ったのも十分すごいことです。)

建て替えも考えられたそうですが、「親御さんから受け継いだ家を守っていきたい」ということで、思い切ったメンテナンスを考えられました。

既に何社かに点検をしてもらっていたのですが、ある会社からは「瓦を調整して塗装すれば雨漏りは止まる」と言われたとのことでした。

弊社では「屋根を変えない限り雨漏りは止まらない」と判断しました。

ここまで劣化して隙間だらけだと、もし雨漏りが止まったとしても一時的なことです。

10〜20年後を考えると、だましだましの塗装ではダメだと感じ、そうお伝えしました。

お客様は弊社のご説明に賛同してくださり、「ツボ5」+「屋根葺き替えオプション」をご提案しました。

2、施工の流れ

この屋根の棟の部分に隙間が空いて、雨漏りの原因となっていました。

瓦の弾水性がなくなって、水を含んでしまっている状態です。

屋根が相当重くなっていて、家にも負担をかけてしまいます。

瓦を剥がしていきます。

瓦を剥がした状態です。

下地が痛んでいる箇所が多数あり、雨漏りが複数箇所に渡って見受けられる状態です。

下地補強を行っていきます。

下地補強には、耐水性・耐久性が高く、厚みのある下地材を使う必要があります。下地材には6、9、12mmと種類がありますが、薄いものだと強度に不安が残ります。

弊社では「ラーチ合板」という下地材を使っています。耐水性・耐久性が高く、厚みも12mmあります。

次に、下地に防水シートを貼っていきます。

防水シートには、「アスファルトルーフィング」と「ゴムアスルーフィング」があります。

「ゴムアスルーフィング」は伸縮性に優れ、耐久性も高いです。値段は「アスファルトルーフィング」と比べて3割ほど高価ですが、弊社ではこちらを使用します。

最後に「スーパーガルテクト」という、メーカー保証25年のガルバリウム鋼板を貼っていきます。

3、お客様の声

施工後、お客様に足場に乗って仕上がりを見ていただいたところ、あまりの変化に驚かれました。

ただ、ご依頼の一番の目的は雨漏りの改善だったので、そこは今後の様子を見たいとおっしゃいました。

工事から半年が経ちますが、つい先日、「一切雨漏りしていない」とご連絡をいただきました。

4、今回の費用

全て合わせて30坪なので、
「ツボ5」価格5万円×30坪=150万円
+屋根葺き替えオプション 60万円
「計210万円」で施工させていただきました。




「ツボ5」には、外壁・屋根メンテナンスに必要な項目は全て含まれています。見積もり不要の明朗会計で、安心してご依頼いただけます。「ツボ5」の詳細はこちらをご覧下さい。

外壁・屋根リフォームをご検討の方は、ぜひ協栄建装へご相談下さい!